本文へ移動

ひがしざわ短期料金

ショートステイ利用料金

基本料金
介護保険の1割    負担分(1日) 滞在費(1日) 食費(1日)

要支援1

514円 ※1640円
(2100円)
※1392円
要支援2 638円 ※1640円
(2100円)
※1392円
要介護1 684円 ※1640円
(2100円)
※1392円
要介護2 751円 ※1640円
(2100円)
※1392円
要介護3 824円 ※1640円
(2100円)
※1392円
要介護4 892円 ※1640円
(2100円)
※1392円
要介護5 959円 ※1640円
(2100円)
※1392円
※食費の内訳は朝食430円、昼食502円、夕食460円となります。
※滞在費の( )は特養空きベッド利用時の場合です。
※負担限度額認定証をお持ちの方の滞在費及び食費は、下記のとおり減額されます。
 

滞在費
(1日)

食費
(1日)

第1段階の方
(生活保護等の方)

820円

300円

第2段階の方
(年収80万円以下の方)

820円

390円

第3段階の方
(第2段階以外の方)

1310円

650円

上記以外の方
(認定証対象外の方)

1640円
(2100円)

1392円

※滞在費の( )は特養空きベッド利用時の場合です。


加算等その他料金

1割負担分(1日) 内  容

サービス提供体制強化加算(Ⅰ)イ

  18円 介護職員の総数のうち、介護福祉士の占める割合が60%以上であるため加算されます。
夜勤職員配置加算
(要介護の方のみ)
  18円 施設の定める夜間の時間帯において基準より多く職員を配置しているため加算されます
療養食加算    8円 疾病治療の直接手段として、糖尿病食などの療養食を提供した場合に加算されます
送迎加算  184円
 (片道)
送迎した場合に加算されます
送迎料  500円
 (片道)
村山市・東根市以外の時に加算されます
介護職員処遇改善加算Ⅰ 右計算式により算出

月の総単位数×8.3%

介護職員等特定処遇改善加算Ⅰ右計算式により算出月の総単位数×2.7%

利用料金の計算例(1割負担の場合)
●要介護5で第2段階の負担限度額認定証をお持ちの方。普通食の方の場合。
959円+820円(滞在費)+390円(食費)+18円(サービス提供体制強化加算Ⅰイ)
+18円(夜勤職員配置加算)+83円(介護職員処遇改善加算Ⅰ)+27円(介護職員等特定処遇改善加算Ⅰ)
=1日あたりの利用者負担額 2315円

●要介護5で負担限度額認定証をお持ちでない方。普通食の方の場合。
959円+1640円(滞在費)+1392円(食費)+18円(サービス提供体制強化加算Ⅰイ)
+18円(夜勤職員配置加算)+83円(介護職員処遇改善加算Ⅰ)+27円(介護職員等特定処遇改善加算Ⅰ)
=1日あたりの利用者負担額 4137円

ご不明な点はお問い合わせください。

      0237−52−1511 担当:生活相談員
TOPへ戻る